ブログ

知っとこ!車検のこと!パート⑧
本日はスモークガラスについておおくりします‼️

DSC_0558

フロントガラスや窓をスモークガラスにしている車をよく見かけるでしょう。
自分の車の窓もスモークガラスにしたくなるかもしれません。しかし、濃すぎるスモークガラスは違反になってしまう可能性があります。

 

では、どのくらいまでならいいのか、もし違反になってしまった場合にはどうなるのか解説していきます。

 

日差し対策
昼間に運転する機会の多い人であれば、運転中に眩しいと感じることが多いです。スモークガラスなら、眩しさが軽減されて快適に運転できます。
夏場であれば、日差しが強く暑いと感じることもあるでしょう。紫外線の影響が気になるために、スモークガラスにしたいと考える人も多いはずです。
スモークガラスの中には、紫外線をカットできるものもあります。

 

㊙️覗き見防止対策
また、スモークガラスの車を見てみると、外からは中の様子があまりよく見えません。人が乗っているかどうかくらいは分かりますが、車の中に置かれている物などは、はっきりと分からないでしょう。そのため、プライバシーを保護できます。
スモークガラスにしていないと少し離れたところからでも、車の中の様子がはっきりと見えてしまい、それを気にする人も多いです。

 

見た目
日除けやプライバシー保護など、実用的な理由だけでなく、単に見た目が格好良いという理由でスモークガラスにする人もいます。
全ての窓ガラスにスモークフィルムを貼ったフルスモークのプリウスに憧れていたり、友人や同僚がスモークガラスにしているからという理由で、自分も真似をしてスモークガラスにするという人もいるでしょう。
なお、トラックでもスモークガラスにしてる事もあります。

 

☠️事故対策
また、スモークガラスは安全面で役に立つこともあります。万が一、衝突事故に遭ってフロントガラスや運転席の窓ガラスが割れた場合に、何も貼られていないと派手に破片が飛び散ってしまうでしょう。
破片が刺さるなどして、大きな怪我をしてしまうこともあります。しかし、スモークフィルムを貼っていれば、破片が飛び散りを防止できますので怪我が軽傷で済むことも多いです。
安全面を意識してスモークフィルムを貼る人はあまりいないかもしれませんが、結果的に助かるケースもあります。
ただ、濃すぎるスモークガラスは違反になってしまうため、注意が必要です。

 

可視光線透過率による線引き
道路交通法ではスモークガラスに関して基準が設けられており、可視光線透過率が70パーセント以上必要とされています。可視光線透過率というのは、人間の目に見える光をどのくらい通すかを示す数値です。
基本的にこの数値が高ければ高いほど目に見える光をよく通し、向こう側がはっきりと見えます。逆に低いと、向こう側があまりはっきりと見えません。
この可視光線透過率で示された基準が適用されるのは、フロントガラスと運転席、助手席のみです。後部座席やリアガラスは特に制限されていませんので、この部分に関してはかなり濃いスモークガラスにしても合法ということになります。

 

※あまり濃いと怪しく思われてしまうため、職務質問を受けやすくなるかもしれません。
フルスモークでもフロントガラスと運転席、助手席の可視光線透過率が70パーセントを超えていれば違法にはなりません。

 

カーテンはアウト
また、車の窓にカーテンを取り付けている人もいるでしょう。吸盤などでくっつける日除けもあります。
そのような、直射日光を遮るための道具も、走行中に付けていると違法になるため注意しましょう。ただし、停車中はカーテンを閉めたり、日除けを付けていたりしても問題ありません。

 

実際の数値が重要
スモークガラスにするときには、通常はスモークフィルムを貼ります。この際に、スモークフィルムの可視光線透過率が70パーセントを超えていても、貼った後の可視光線透過率が70パーセントを下回ってしまう事もあるため注意しましょう。
合法かどうかの基準となるのは、フィルムの可視光線透過率ではなく、あくまで貼った後の状態の可視光線透過率です。

 

スモークガラスは、見た目が格好良く、紫外線の対策にもなります。プライバシーも保たれて、眩しさも和らぐでしょう。

 

しかし濃すぎると違反になり車検にも通らないため、注意が必要です。薄めのスモークフィルムを貼って、サングラスなどと併用するのがいいでしょう。

DSC_0557

セブンティーオートではスモークフィルムの施工も可能です。1週間ほどお預かりする場合もありますが、気泡、シワも入らずきれいな施工をいたします

 

フィルム透過率は5パーセント、10パーセント、16パーセントを常時在庫しております。車種、ガラス枚数で料金が異なりますのでまずはお問合せください。

お電話でのお問合せ/0879-82-7277